About

Oakland, California —  Classic sounds, live instrumentation, and beats.

G Koop & O-man is an ongoing collaboration between Rob Mandell, Graham Richards, and Anthony Caruso.  The three have been playing and recording together since 1998 when they met as students at Berklee College of Music in Boston.

Weekly recording sessions since 2010 have been the subject of on an online documentary series on Youtube.  Each episode documents the production of a piece of music and features frequent collaborators, both instrumental and lyrical.

“Because of our history, we trust each others’ ears completely.” O-man said.

“The trust is what makes our thing work so well," G Koop adds, “We’ve been doing this so long that we know neither would lead the other astray.”

"I would eat anything they gave me to eat, because I know it wouldn't be poisoned," says Caruso.

Gクープ&O-MANは、ロブ·マンデル、グラハム·リチャーズ、そしてアンソニー·カルーソの間で進行中のコラボレーションです。彼らはボストンのバークリー音楽大学の学生として出会ったとき、3は1998年から一緒に遊んして記録されています。 

2010毎週レコーディングセッションは、YouTube上のオンラインのドキュメンタリーシリーズのの対象とされてきた。 

各エピソードは、楽曲の制作を文書化し、インストゥルメンタルと叙情的な両方頻繁に協力者を備えています。 

「そのため私たちの歴史の、我々は完全にお互いの耳を信頼しています。「O-男は言った。 

「信頼は非常によく私達の事の仕事を作るものです。我々は長い間、我々はどちらも道に迷って、他を導く知っていること、これを行ってきた「Gクープは、追加されます"。" 

"私はそれが毒されないと知っているので、私は、彼らが食べるために私を与えた何でも食べるだろう"とカルーソ氏は述べています。